大きくする 標準 小さくする

リレー日記

<<前へ

評論家挨拶

 written by 山守 一輝 投稿日時:2019/01/21(月) 10:51

副将からYouTube評論家に任命されました、山守です。


最近、iPhoneにスクリーンタイムという機能が追加されたのはご存じでしょうか。自分がどのアプリをどれくらい使用しているのか一目でわかる機能なのですが、調べてみたら95%以上、YouTubeを使用していました。どうやら重度のYouTube依存症のようです。



冗談はこれくらいにして、、


今年の決意表明!!!



ドドン!!



今シーズン、僕は"プレーでチームを引っ張る選手"であり続けることをここに誓います!!



僕は口下手なので、喋りでチームを鼓舞したり、引っ張っていけるような選手ではありません。その辺は口が達者な主将や副将に任せるとします。(あ、主将、副将が口だけとは言ってませんし、思ってもいませんのであしからず)


練習でも試合でも常に全力を出し切り、チームのために誰よりも最前線で体を張り続け、先陣を切って突っ込んでいく、そんな選手を目指して日々精進していこうと思います。



昨シーズンはとても悔しい結果となってしまいました。今思えば、あのときもっと体を張っていれば、あと一歩前へ進めていたらなど悔やまれるプレーがたくさんありました。


今シーズンはそんなものを一切残さないよう、チーム全体が全力を出し切り、入れ替え戦勝利まで駆け抜けていきたいと思います!!



書きたいことはまだまだありますが、そろそろテスト勉強を始めないと、来年度に再履再履でラグビーなんてできないよ~なんて事態になりかねないので、この辺で次の人にバトンを渡したいと思います。

ということで最近、バイト三昧なゆうすけ、よろしく!!
 

副将挨拶

 written by 菅野 一樹 投稿日時:2019/01/20(日) 10:26

みなさんこんにちは。



啓太からバトンを引き受けました、副将を務めさせていただきます菅野一樹です。



今年は自分自身もなにかと忙しくなることが予想されますが、学生ラグビー最後の年、一生懸命頑張りたいと思います。



さて、昨シーズンのことを少し振り返りますと、私はリーグ戦2戦目の開始2分にシーズン二度目となる鼻骨骨折により途中交代をしました。その節は大変申し訳ありませんでした。そのため敗戦した2試合には出場することができませんでした。そりゃもう悔しくて悔しかったです。最終的にその2敗が重くのしかかるような形で3位という結果に終わってしまいました。



結論、昨シーズン僕はチームにあまり貢献できませんでした。



しかし、それでもチームメイトの投票により副将に選んでもらいました。



それはなぜか、一体自分には何が求められているのか、なにをすべきなのか。



その答えは、、、、、わかっていたら人間はなにも苦労しないでしょうね、、、、、。



でも、なんとなくならわかります!



きっと今年1年間、壁にぶち当たることもたくさんあると思います。しかしその度に常に最善策を考え実行することが僕に求められていることだと思います。



なにを当たり前のことを言ってるいるのだ。とか言われそうですが、その通りです。



僕が3年間やってきたことです。だから副将に選ばれたと思っています。それを最後の年も続けることが大事だと思っています。もちろんその質はこれまでよりも格段に上げる必要がありますが。



長々となんか言ってますが、つまりチームのために尽くしますということです。



もちろん試合で体を張るとか、練習頑張るとか、効果的な練習メニュー考えるとか、そういう具体的なことをやるってことを含めて、僕がチームを良い方向に導きます!



目指せ3部昇格!!!



以上、僕の所信表明でした!



最後に、OBOG始め関係者の方々、昨シーズンはご支援、ご声援をありがとうございました。主将の鈴木と共に、部を代表して感謝申し上げます。また今シーズンも変わらぬご支援のほどよろしくお願い致します。



ということでリレー日記なので、YOUTUBE評論家の山守くんにバトンを渡したいと思います。よろしく!



 



 



 

主将挨拶

 written by 鈴木 啓太 投稿日時:2019/01/17(木) 14:09


あけましておめでとうございます、今シーズン主将を務めます鈴木啓太です
昨シーズンは主務をやり、大変だった主務もようやく終わった一息つこうと思いきやつく間もなく新たに重大な役職を任せていただきました。やるからには一生懸命努めます、よろしくお願いします。(去年も言った気がする)


正直僕自身欣也さんを中心とした昨シーズンのチーム作りとその出来には手応えを感じていました。必ず昇格して、来年は一昨年味わったあの悔しい思いを3部でぶつけてやろう!!そう心に決めていました。
4年生も仰ったように、それでも今年勝ち切ることができなかったのです。それがなぜかと書くと長くなりそうなので割愛しますが、部員一人一人が考えているはずです。


なので僕は今シーズンに向けて僕の思いをこの場をかりて書きたいと思います。


まずはじめに僕は体が小さく、ラグビーが上手いわけでもなく、足も速いわけでもありません。僕はチームのために何ができるのか、どうしたら試合に出れるのか、何が必要なのかということに関しては人一倍考えてきた自信があります。だからこそこんな自分でも1年生の時から試合に出させていただいたのだと思っています。



ここで僕が何を言いたいかというと

”今シーズン必ず3部に昇格するために僕は死に物狂いで尽力します。”

啓太さん練習きつすぎ、もっとオフほしいわ、なんだよこの練習意味あるのかよ、色んな不満が出るのは覚悟してます。実際自分もこの立場になるまではそう思ってました。でもそれはこれまでの上級生や主将の方々がチームを思って、考えての行動だということです。
春シーズン、合宿中、シーズン中みんながきついしんどいと思うようなことが起きてしまうと思います。それでも最後に今シーズン頑張ってきてよかった、4年生についてきてよかった、必ずそう思わせます。



だからこそ僕は今シーズン誰よりも努力します。しんどい練習でも啓太さんがやっているんだからあと少しは頑張るか、そう思わせる位一番努力します。そのみんなの少しの努力がチームを大きく成長させます。そう信じて僕は一年間過ごします。


最後になりましたがOB.OG、保護者、関係者の皆様今シーズンも千葉大学ラグビー部をよろしくお願いいたします。


次は副将の一樹です、よろしく!!!

◯〇活って都市伝説かと思ってました

 written by 梅津 拓実 投稿日時:2019/01/13(日) 00:18

あけましておめでとうございます。
年末にバトンを受けたので正月三が日くらいで書きたかったんですが、、更新が遅くてすみません。

四年生の梅津拓実です。陽汰の日記に「入ってきた途端に新風を巻き起こした梅津君」と書いてありましたが、すごくいい意味に捉えたいと思います。

ラグビー部での活動の振り返ってみると途中からの入部でしたが、自分的にはとても充実したものとなりました。
各学年の皆さん、特に同期の皆さん、ほんとうにありがとうございます。

今年のリーグ戦のことに関しては同期も言っている通りで、惜しいところで入れ替え戦に届かず残念でした。確実に勝ち切るにはもっと力が必要なんだなと感じさせられました。
下の代はどんどん強くなってるので3部で戦ってほしかったです。2019年シーズンは4部優勝&昇格を期待してます。

全然ちゃんとした先輩ではないので後輩の皆さんに言えることはあまりないんですが、何かは言おうということで、、、時間はあっという間に過ぎてしまうのでなるべく大切に使ってほしいと思います。(自分が有効利用できない人間なので……)

特に4年生の活動はあっという間です。就活、院試、研究室など今までよりも忙しくなることもあると思うので新4年生は先手先手で物事に取り組んでいただきたいです。そんな感じで頑張っても足りないってなると思います。


最後になりますが、OBさん、先生、保護者、関係者の皆さん、応援していただきありがとうございました。

自分も卒業する感じで書いてますが、自分も含め来年度もプレーヤー4人は千葉にいます。
人手が必要な練習もあるかと思うので、練習いこうかと思います。ぜひ練習呼んでください。


次は来シーズン主将の鈴木啓太君にバトンをお渡しします!!
遅くてすいません。
 

ステロイド、ダメ、ゼッタイ

 written by 小山 陽汰 投稿日時:2018/12/22(土) 03:07

紹介にあずかりましたとおり、来年度から公務員とフィジーカー(ボディビルのようなもの)の二足の草鞋を履いて生きていく小山陽汰です。




改まって書こうとして考えたらやはりまとまらないので



相変わらずつらつら書きたいと思います。




1年生の10月、今もお世話になっている13の代の方々や鶴淵を中心に勧誘していただいたことでラグビー部に入部することに決めました。大学生活一のターニングポイントでした。



2年、3年生のときはリーグ戦の酸いも甘いも経験し、飲み会で大はしゃぎしていたら過ぎました。


4年生になって、気づいたらフィジークに目覚めてしまいました。それに公務員試験も重なり、長期の休部をとってしまいました。ここでリーグ戦はリザーブでいいかな、何ならラグビーはもういいかも、とも思っていました。

でも気づいたら復帰していて、そして気づいたら最終節の横国戦でラグビー人生で一番いい試合をしてました。



こんな形で色々まわり道をしてきたのですが、結局最後ここにいるってことはもう、ラグビーそしてこの部が好きなんだな、と。振り返るとこう思います。




好きなことをやってきた脳筋先輩が言いたいことは、



後輩のみんなも、やりたいこと好きなことを好きなだけやれる大学生活で、あえて部活動(中でもラグビー)というこんなに厳しい環境に身を置いている、というのはラグビーが好きという気持ちがあるからだと思います。

やらされるんじゃなくて、自分が自分の意思で好きなことをやっている、その気持ちをしっかり持ってください。好きなことをやっている自分をしっかり尊重してください。キツい練習とかモチベーションが上がらないときとか、こう考えてみてください。



今年度は、公務員試験とフィジーク大会のための減量によって同期をはじめ、チームには多大な迷惑をかけてしまいました。

自分のわがままを聞き入れるだけでなく、背中を押してくれた同期はもちろん、あたたかく迎えてくれたみんな、ごめんなさい。本当にありがとう!



相変わらずまとまりはないですが、とりあえず最後にみんなとラグビーできて良かった!最高のラグビー人生でした。





最後になりますが、OBや顧問の先生、保護者の方々含め、千葉大学ラグビー部に携わってくださった皆様に心より感謝申し上げます。

今後とも千葉大学ラグビー部に皆様の熱いご指導、そしてご声援のほどよろしくお願いいたします。





バトンパス入れるところ忘れてて探しましたがありませんでした!ということで入ってきた途端に新風を巻き起こした梅津君、よろしく



 
«前へ

<< 2019年1月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2019年1月

<<前月翌月>>
2019/01/21(月) 10:51
評論家挨拶
2019/01/20(日) 10:26
副将挨拶
2019/01/17(木) 14:09
主将挨拶
2019/01/13(日) 00:18
◯〇活って都市伝説かと思ってました