大きくする 標準 小さくする

ブログ 2020/11

次へ>>

ダツDEダーツ並みの緊張感[リレー日記]

 written by 内藤 智投稿日時:2020/11/30(月) 23:30

専門職を除く全てのポジションを出来る千葉大唯一のユーティリティープレイヤーの内藤です。来季はフランカーにもどれたら嬉しいですし、今季はセンターの用意もしていたので少しぐらいは出たいです。結局、どっちつかずのプレイヤーになってしまいそうです。

 

 

 

先日、ラウンドワンに行ってきました。3年ぶりぐらいに訪れたのでめちゃくちゃ楽しかったです。ダーツやビリヤードなど高校生の時には見向きもしなかったものもやってみました。一番盛り上がったのはバブルサッカーでした。自分は初めてしたのですが、めちゃくちゃ楽しかったです。ボールを扱うのに集中していると体当たりされて吹き飛ばされてしまいますし、体当たりばかり考えているとゴールを決められゲームに負けてしまいます。高度な頭脳とフィジカルが必要なスポーツということが分かったので、今後のアクティブレストに向けて購入を検討するべきだと思いました。主将、ぜひ検討のほどお願いします。

 

 

 

 

設計課題の最終提出が終わった後、学科の同期と幕張の湯楽の里に行ったのですが、立地がよく露天風呂から海を一望できます。風呂に浸かりリラックスした状態で潮風を感じたり波の音を聞いたり出来るのは最高でした。是非みなさんも訪れてください。その時に思ったんですが、こういう所に置いてあるシャンプーやリンスで髪をあらって外に出た後、髪がゴワゴワする時ありませんか?あれは何が原因なんでしょうか、銭湯を訪れるたびにふと疑問に思います。知っている人がいたら教えてください。

 

 

 

 

次は未来さんに回そうと思います。美味しそうな料理の写真をあげているのをみてすごいなと思います。料理のコツはなんですか?是非教えてください。

河内くん見てますか。見たら連絡ください。[リレー日記]

 written by 斉藤 涼太投稿日時:2020/11/27(金) 20:12

どうもお久しぶりです。

ノリが古い修士1年の斉藤涼太です。

プロフィールは↑の青い名前をクリックしてもらえれば見れるので、よろしければご覧ください。その通りの人間でございます。

最近フットサルを始めました。なかなか難しいんです。フットサルって相手にタックルしたらダメなんですって。皆さん知ってました?周りから言われたとき初耳過ぎてビックリしちゃいました。世の中にはそういうスポーツもあるんですね。勉強になりました!

 

さて、最近ちょっとずつですが練習に参加させて頂いてます。

今シーズンのチームは短い準備期間にも関わらず、かなり高いレベルに仕上がっています。畑村キャプテンをはじめとする現役部員の努力の成果だと思います。

創部以来最高位、最前線で戦っている皆さんにOB一同非常に注目、期待しています。会場は無観客ですが各地で応援してくれる方々が沢山いることを忘れずに頑張りましょう。

最近非常に惜しい試合が続いておりますが、3部において千葉大のラグビーは確実に通用しています。リーグ戦も後半に突入しますが残り2試合を勝利で終われるよう、悔いの無いように走り切りましょう。院生の僕たちも微力ながら助力させて頂きます!

 

次は誰に回すのが正解なんでしょうか?

ノリが古いので分かりません。

んー、では最近FWとBKのポジションを行ったり来たりして自己主張皆無かつ、唯一の長所である「明るさ」も最近の練習ではイマイチで元気のない内藤くんに彼自身が今後どのようにラグビーをしていきたいか(ポジションとか?)聞きたいと思います。よろしくお願いします!

鬼滅の刃 is 神(NIWAKA)[リレー日記]

 written by 金田 風雅投稿日時:2020/11/27(金) 14:31

誰よりも楽しく,気持ちよく,華麗にアタックしている4年金田です.
しっかり自覚あります!マネージャーの目線熱いです!

私の母校である超名門浦和高校はずっとDFの練習しかしないので,まさとのような変態を生むんですね.
私は,おかま地獄から解放され魚人島という天国で女と遊びまくるサンジのようにアタックばかり練習しています.
アタックのが目立つし褒められるしトライは最高!はっきりw...

実際,まじめでDFが大好きな浦高出身の1年生が一番危ないってのはみんなが一番よく知ってるはずだから優しくみまもってあげてな笑まさとはまっすぐ育つと信じてるよ(小物OB感)



1年のリレー日記読んだけど,初々しくて楽しそうだなとも思いつつ,かわいそうにも感じました.
大学においてカネと並ぶくらい大事な友達(情報)がいないのは,寝てない善逸みたいなもんだから,具体的にはボブみたいなもん.
あ,GPA負けてるんだった笑
彼は優秀です,過去問なんていりません,好成績とりたいなら彼に聞いてください,マンがなんでも貸してくれます.



今年のリーグ戦はなんかいい感じですね.
しょーみ3部で悪夢再来かと思ってたけど,1年の時に100点近く取られた相手に僅差まで迫ってるのは実質勝利でしょ,こんなこと言うと誰かに怒られるけど.
もしかしてこれ夢?魘夢の血鬼術?起きないと!じs

責務(ネタバレ)を全うするのは三矢だけにしておきます.映画に影響受けまくりマンです.



私は今年で引退ですが,院進するので来年も千葉大に残ります.
ボブのダイエット,というよりもはや健康維持のために連れてって顔は出そうと思ってます.
OBが来るのって嬉しいし楽しいから,嫌われない程度に行こうかな

最近院生のOBがよく来てくれるけど,古いノリが楽しいっつーかなんつーか
一番来てくれる涼太さんがどんな人か,1年生はわからないと思うので回したいと思います.
来年は忙しくない時に一緒に部活行きましょ?

 

はじめまして![リレー日記]

 written by 黒田 征斗投稿日時:2020/11/23(月) 19:41

入部すると正式に言う前に回されてました。入らなかったらどうするつもりだったのでしょうか、金目くん。

でも今はもう無事部員になったので許します。







初めまして!法政経学部1年、黒田征斗(まさと)です。埼玉県立浦和高校出身で、風雅さんと木内さんの後輩です。



高校のときはそれぞれ2コ上と1コ上の学年だったはずなのになぜか大学では3コ上と2コ上です。不思議ですね。





高校時代は一応ウイングとして試合に出てましたが、決してスピードスターなどではなく、華麗なステップを踏むわけでもなく、、、ディフェンス一筋で頑張っていました。



そうです。ディフェンスが好きでラグビーをやっていたんです。





とはいえ最近は、上手くアタックできるようになればラグビーの本当の楽しさに気づくことができるのではないか、とも思っています。楽しく、気持ち良く、華麗にアタックしたいです。これがラグビーを続ける理由の一つです。




実は入学後からずっとラグビー部に入るか悩んでて、今年度のゴタゴタに乗じてこの時期まで決断を先延ばしにしてしまいました。



最初にラグビー部の体験に参加した後、色んな部活の体験に行って、そこに入ることを本気で考えたりもしましたが、最終的にここに戻ってきたという感じです。やっぱりここが1番ですね!!





最初の目標は、体重を増やしつつ体力を戻すことです。入部する前から何回か練習に参加していたのですが、なぜか僕が参加する日は毎回走るメニューが多くてとってもとってもキツかったです。



まあでも高校の部活引退以来2年くらいまともに運動してない体をもとに戻すには丁度いいかな、とポジティブに頑張ってました。



しばらくはこのメンタルで走り続けます!







1年生もっと入ってほしいですが(マネージャーがいない!)、現段階では1年生の自己紹介は全員済んでいるようなので、高校からの先輩の風雅さんに回します!僕のイメージだと風雅さんが一番楽しく、気持ち良く、華麗にアタックしているように思います。

 

お初にお目にかかります。[リレー日記]

 written by 金目 雄太投稿日時:2020/11/16(月) 17:07

初めまして、神奈川県立湘南高等学校から来ました、金目雄太かなめゆうたと申します。
初めてということで、例の通り自己紹介をさせていただきます。

基本情報から行くと、法政経学部の一年で、173㎝、75㎏です。ただし体重の増減は激しいのであくまで参考記録としてみてください。高校時代はプロップをやってました。え、プロップにしては軽すぎないかって?そうです、一列目をやるには小さすぎますよね。これには深い訳があるのです。

高校入学時の僕は、84㎏あり、ラグビー部期待の新星でした。その後も順調に体重は増え続け、高校二年生の冬には97㎏にまで達し、プロップとしての立場を徐々に確立していきました。その後も、95㎏前後で体重は推移し、高校時代はプロップとして試合に出させていただいてました。受験期も体重はほとんど変動することなく大学入学を迎えたのですがここで大誤算、緊急事態宣言の中一人暮らしを強行開始したせいで、ほとんど家を出ることができなくなってしまったのです。もともとラグビーを続ける気はあまりなかった僕、暇すぎて肉体改造を決意してしまいました。その結果みるみる体重が減っていき…

結局約20㎏の減量を成功させたわけです。しかしラグビーは素晴らしいスポーツです。こんな僕にもできるかもしれないポジションはまだ残されています。例えばフランカーやバックス全般、ここにきて僕は軽い気持ちでコンバートを決意しました。そこまで手先は器用ではないのでバックスは早々に諦め、バックローとしてチームに貢献していけたらいいなとは思っているのですが、体重のコントロールが割と簡単にできてしまう僕、もしかしたら世紀の大増量でフロント返り咲きもあるのかもしれません。

と、ここまで来てラグビーを続ける気はなかったと多少爆弾発言をしてしまいましたが、ここからはなぜ入部を決意したのか、ということを話そうと思います。まず一つ目はぼっくんの存在です。ぼっくんは高校時代からのラグビー部の同期で、高校時代もよく遊んだりしていました。そんなぼっくんはラグビー大好きなので、入学と同時に僕をラグビー部に誘ってきやがったのです。最初はあまり乗り気ではなかったのですが、オンライン新歓や練習の見学を通して先輩方のやさしさや、ラグビーそのものの楽しさを再認識し、大学には通えないのに一人暮らししているという孤独感を払拭するため入部することを決意しました。あ、ぼっくんとは石井想大くんのことです。

今はまだ本格的には参加することができていませんが、徐々にチームに貢献していけるよう頑張っていきたいと思います。これからよろしくお願いします。ということでこの日記を誰かに回さなければいけないようなので、次はくろだまさと君に回したいと思います。これであってますか?作法が分からず申し訳ございません。では一週間に一度の対面授業に行ってきたいと思います。
次へ>>

<< 2020年11月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ